試行錯誤がんばりちゅう。


by heartrock

カテゴリ:レポート( 2 )

小笠原戦跡報告

b0174330_201619.jpg


夏の旅行にあわせて、小笠原の戦跡群を見てきました。
詳細のレポートは、ゼミの戦争遺跡研究班のページにアップしたいと思っていますが、とりあえず、写真と簡単なレポートを。

こちらで写真を確認できます。→小笠原戦跡写真
こちらで同じ写真をスライドショーで確認できます。→スライドショー

ガイドをマルベリーの吉井さんにお願いしました。
吉井さんは、平成14年に行われた小笠原村での戦跡調査にも参加されており、小笠原の戦跡について、深い見識をお持ちの方です。
大変お世話になりました。
この戦跡調査のレポートを見るために、小笠原村の教育委員会も訪問し、現物のレポートを見せていただくこともできました。
残念ながら、数百ページにのぼる分厚い製本された調査レポートということもあり、残部もないためいただいて帰ることはできませんでしたが、その場で見せていただくことはできました。
やはり、父島母島合わせて、非常に多くの貴重な戦跡が残されているものの、島の日本への返還後も、そのまま放置されている状態のところがほとんどで、島としても、今後の保存について、検討はされている様子でした。
[PR]
by heartrock | 2009-08-19 20:24 | レポート

夏休みの宿題は、東京都小笠原村父島の第二次世界大戦戦跡訪問に決めました。
ここのところ毎年父島を訪れていますが、戦跡をめぐるのは初めてになります。
1週間ほど滞在するので、そのうちの1日を山とジャングルを歩いて戦跡を見て歩くことに費やすことにしました。

ガイドは、父島の戦跡に詳しいこちらの「マルベリー」さんにお願いすることにしました。
こちらのツアーガイドさんは、戦跡専門というわけではないのですが、かなり本格的に研究をされている方のようで、非常に楽しみです。
こちらに小笠原の戦跡についての資料もありました。

小笠原の戦跡の特徴は、一言で言うと、「そのまま」であることです。
日本への返還が1968年であったため、本土とは全く隔離された状態であったことや、とにかく人が訪れることが比較的少ない離島であったこともあって、重火器や墜落した航空機など、容易に人がたどり着けるようなところにあるようなら、すぐにでも回収処分されていそうなものが、そのまま朽ち果てるままに残っています。
戦争遺跡がどのような状態で保存されていることが良いのかは、様々な意見もあり、一概には言えないことです。小笠原のように、風雨に晒され朽ち果てていき、やがて土に還るのを、最後まで放置することが必ずしも良いとは言えませんが、戦後60年以上経った今の段階では、現在の朽ちつつも、まだ目の前に確かに存在している姿は、第二次世界大戦が終わってからの時の長さと同時に、現実感を味わうという意味で、非常に貴重な戦争遺跡だと思います。
ただし、今後はさすがに、保存するための対策が必要になってくるのかもしれません。

旅行全体の日程は8/8に竹芝桟橋を出港し25時間の船旅で父島二見港着予定。
8/16に再び竹芝桟橋に戻る予定です。
[PR]
by heartrock | 2009-07-30 16:39 | レポート