試行錯誤がんばりちゅう。


by heartrock

<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

二十歳の君へ

b0174330_23583625.jpg駒場祭へ行ってきました。わが母校。
目当ては、もちろん東大立花ゼミの「二十歳の君へ」企画。
立花先生の東大でのラスト講義と銘打たれた特別企画です。
午後3時半からのイベントでしたが、午後3時、一応早めに会場へ行ったところ、すでに行列。。。
教室の入り口から、ずらっと人が並んで、建物の外まで続き、さらにずらずらと続いて、途中で折り返して、「こちらが最後尾でーす!」というゼミ生の案内がこちらの写真。

講義は、東大でのラスト講義ということもあり、さらに東大ゼミ生の入念な準備と、演出の工夫もあり、先生のお話の熱さもいつも以上で、聴講されていた皆さんも、熱心に耳を傾けられていました。
私の座っていた席のすぐ近くに、おそらく一人でお越しになっていた80歳近いのではないかと思われる、身体の小さなお婆さんがいらっしゃいましたが、ずっと先生のお話を聞かれておられました。
きっと先生の東大での講義が最後であるのと同時に、このお婆さんにとって、先生のお話を生で聞かれる機会も今後ないのかもしれません。
講義の内容も、(いつものように)歴史的・経済的・科学的な先生ならではの広い分野についての、モノの見方を示しながら、しかもそれらが全て、「二十歳の君たち」が持つべき視点を伝えていくという一つのメッセージにつながっていくという素晴らしいものでした。
立教院生の私としては、いつもの火曜5限、6限を、あれだけ近くで聴講させていただいている特権を、改めて感じる場でもありました。
b0174330_04285.jpg
そして、この駒場祭の企画で、もうひとつ驚かされたのは、このイベントのために作成されたというフルカラーの冊子です。
ゼミ生の方が、原稿の整理から、デザイン・レイアウト、印刷の発注まで手がけられ、駒場祭のほんの数日前に完成したという話でしたが、とにかく出来がすごい。
仕上げの完成度の高さ、レイアウト・編集の良さ。
コメント・コラムの内容の良さ。
これは凄い。恐れ入りました。
ビジネスの世界で生きる僕としては、「おいおい、これいくらかかってんのよ?」と思わず感じてしまうほどの出来。これをゼミ生自身で作ったとは、信じられない。。。
まいったなー。優秀な若者には、どうしても嫉妬を抱いてしまう自分を抑えられません。
心狭い先輩で申し訳ない。

そして、このイベントの企画「二十歳の君へ」は、まだ継続して続いているそうです。
二十歳の方へのメッセージ・宿題の募集も続いています。
ぜひ、ご参加を。
こちらで。
http://kenbunden.net/20/
[PR]
by heartrock | 2009-11-24 00:17 | 雑談

横須賀戦跡

夏に小笠原の戦跡を訪問した際に、大変お世話になったガイドさんが、横須賀の戦跡をめぐられたようで、ブログとホームページにその情報が出ていたので、備忘録として載せます。

ブログは、こちらです。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/8934789.html

レポートページは、こちらです。写真を中心としたものです。
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub14-4-5.htm

こちらが、ツアーの運営会社ですね。
http://www.sarusima.com/index.html
[PR]
by heartrock | 2009-11-12 17:55 | 雑談
b0174330_1515473.jpg金髪になると、間違いなく職務質問されることが多くなることを実感する今日この頃です。今日も朝から、および止めいただきました。
金髪のテロリストなんて、ドラマや映画じゃないんだから、そうそういないでしょう?
そういう問題じゃなく、怪しいということすかね?
どうもこの週末、駅の警官の数が、異様に増えていて、なんじゃろー?オバマ来日準備?

ところで、そんな私は、先週末は、セントポールフェスティバル(SPF)を見学に池袋キャンパスまで来てました。
そして、たまたま用事があって、この週末は、お茶大の学園祭へ行ってきました。

まさか、大学祭の比較研究をしようというようなことではないのですが、

お茶大学祭>SPF

ですね。残念。わが母校。
あくまでごくごく主観的というか、感情的というか、妄想的感想ですが。

それぞれ、それほど大きくはない大学ですが、それなりに来客数はありました。
むしろ立教の方が、賑わいだけは強かった感じもします。
でも、どうも、立教の学祭の方が、外からきた人にとって、楽しめることが少ない感じがしてならないのです。
(お前、外から来たんじゃなくて、学生じゃねーかという指摘もあるかとは思いますが、お許しを)

簡単に言えば、「ものすごく内輪受け」「内輪盛り上がり満足」という雰囲気が強いのです。

出店をやっている各サークルという出店団体も、それぞれ揃いのユニフォームを着て、元気良く楽しそうにわいわいやっていて、一見盛り上がっているように見えるのですが、外からの客にアピールしようというよりも、自分たちが、このお店を仲間とやっていることで十分盛り上がってしまっていて、もう満足している感じがしてしまって。。。
むしろお客さんの方が、疎外感を感じてしまいかねないような。。。なんだろ?原因は不明ですが。
企画の内容なり、学生さんたちの振る舞いの雰囲気なり、いろいろな複合要素なのでしょうかね。

そういえば、自分が20年くらい前学生だったころも、インカレのイベントを、W、KO、T、MG、AGなどと合同でやったときも、他の大学は、多少大学間での交流やお客さんの行き来もあったのですが、立教は自分たちの仲間だけで盛り上がっていて、他大との交流が少なかったような印象でした。

こんな少ない事例のみで、立教のことを語ることなどできませんし、個別にお話をしたことのある学部生たちの中に、自分の学生時代は考えられかったほど、世の中を広く見ていたり、積極的な行動力を持っている人たちがいたことも実感しているので、あくまで学祭の印象というだけですが、少し気になります。

今月は、駒場祭もあるし、先日たまたま知り合った学生さんの通っていらしゃる外語大の学祭もあるようです。
時間があったら、見に行ってみようかなーと。
[PR]
by heartrock | 2009-11-09 15:36 | 雑談