試行錯誤がんばりちゅう。


by heartrock

<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

失敗?成功?

続けざまにTwitterネタです。

UCC上島珈琲が、Twitterを利用したキャンペーンのプロモーションにトライ。
スパム行為と認定され、大失敗。
しかし、即座の終了判断と謝罪発表で、評価される。。。

元の記事はこちら。
-----------------------------------------------------------------
 キャンペーン開始から2時間弱でアカウント削除などを実施し、その後数時間で謝罪文を掲載する対応ぶりに、ネットでは「早い」と驚く声も上がっていた。「現場の問題を即座に経営陣に連絡するリスク管理体制が普段から整備されていたため、素早い対応ができた」という。
(2010/2/9 ITmedia Newsより)
-----------------------------------------------------------------

つまり、一般ユーザーが書き込んだTwitterの記事を拾い、その中に「コーヒー」「懸賞」「UCC」「小説」といった、今回のUCCのキャンペーンに関連しそうなワードが入っていれば、自動的に自社のキャンペーンの紹介メッセージを、Twitterのメッセージ送信機能を使って送るという、自動返信プログラムを走らせたということのようですね。
そりゃまあ、スパムと言われるでしょうね。

で、この部分までは、このキャンペーンを企画した人のネットリテラシーの無さ・センスの無さを嘆くことなのですが、今回ニュースの話題となっているのは、その後の会社の対応。
キャンペーンを開始して、ネット上で批判的な反応が出ていることを察知して、キャンペーンを中止。
さらに社長と相談の上、ネット上でpdfとhtmlで謝罪を掲載。

この「即座の対応であり、かつ包み隠さず問題を認めて謝罪した」という対応について、「危機管理のできた会社だ」と評価が集まったというお話です。

今、世の中はトヨタの危機管理の甘さを指摘する声で溢れていますが、こちらは、うまく対応ができた例ということになるようです。
元々の企画の甘さはなんとも言えませんが。
[PR]
by heartrock | 2010-02-10 13:08 | ネットコミュニティ

じみんがついっと

自民党が所属議員にTwitterの利用をするように通達したそうで。
本部が議員向けに講習会を開催したとか。
-----------------------------------------------------------------
自民党は、夏の参議院選挙に向けて、党所属の国会議員を対象に「ツイッター」と呼ばれるインターネットサービスの講習会を開き、情報発信の強化を図るなどして若い世代や女性の支持の拡大につなげたいとしています。
(2010/2/8 NHKニュースより)
-----------------------------------------------------------------

でも、谷垣総裁は、鳩山首相がTwitter始めたとき、こんなことも言ってたのね。
-----------------------------------------------------------------
 自民党の谷垣禎一総裁は7日の記者会見で、鳩山由紀夫首相がウェブサービスの「ツイッター」を始めたことを「つぶやきは好きな方にしていただければ足ること」と皮肉り、自らは「つぶやかない」と宣言した。
(2010/1/7 朝日新聞より)
-----------------------------------------------------------------

まー、翻意するのは、なんも悪いことではないんだけど、皮肉まじりに批判しといてこれだとセンスの無さというか、新しいメディアへのリテラシーもしくは理解の無さがバレちゃうのねー。

ちなみに、僕は、Twitterは相変わらず研究中。
でも、まだどう活用するのか、実感はわかず。
自分のメディアリテラシーも、衰えてきているのかなと感じつつあります。
[PR]
by heartrock | 2010-02-08 13:12 | ネットコミュニティ